ジョージ2世の恩返し日記

・加圧やヨガを通して3桁あった体重からダイエットをし、今となっては新人加圧トレーナーとして活動し、楽しく明るく元気に!を意識し楽しみながら日々励む男のブログ。

周囲。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

 

 

何回かに分けて、

ヨガの事を少しずつ伝えてきました。

ほんの少しなんですけどね!

 

まだ勉強の身なんで、

情報量少なくてすいません。

もっと良い内容伝えれるように

もっと理解を深めながら取り組んでいきます!

 

 

 

 

今回は、

私が沖縄から東京へ行く流れになった話を

伝えられればなと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヨガを始めて、まずは健康を手に入れてそれから!」

ミツさんのこの言葉が私の人生を

大きく変えたと言っても過言ではありません。

 

私の人生観を変えてくれる

ミツさんの言葉は沢山ありますが、

ヨガから始まった第二の人生。

 

やはり過言ではありません。

 

 

その言葉を頂いたとき、

ミツさんは続けて

「そして感性が豊かなうちに東京へ来だ方が、絶対良いですよ‼︎東京進出!」

と言っていました。

 

 

 

その言葉が私の頭の中から離れなかった。

 

 

 

 

27歳から東京かぁ。

俺船しか乗った事ないし、

エンジン整備士しかやってないけど

なにしたら良いんだろ??

 

そればかりを毎日考えた。

 

 

毎日、毎日。

 

毎日、毎日。

 

 

 

 

 

 

 

 

悩んでも仕方ないので、

周りにいる身内や友達に聞いてみた。

 

 

まずは親に聞いてみた。

 

母は、

やりたい事やったらいいんじゃない?

ただ先を考えないと。

 

と、否定はしなかった。

 

父は、

まずなんで船を辞めたんだ??

なんで今から東京行くの?何するの?

これから先どうするんか?

 

と、少しムスッとした感じだった。

 

 

友達は、

船が良いだろー!なんでやめた?

東京?沖縄が良いだろー!

どーせ戻ってくるよ。やめとけやめとけ。

今から東京とか、何考えてんの?笑笑

まあ、行きたいなら良いんじゃない?

 

 

など、様々だったが

否定的な意見は8割くらいだった。

 

周りの意見は大事だと思っていた私は

また色々悩み始めた。

意思がなかなか固まる事はなかった。

 

 

一番多かったのは、

 

なぜ今?

なぜこの時期に?

 

という意見だった。

 

 

なぜならば、

その時はコロナウイルス

東京を中心に感染拡大して

世間が大騒ぎの真っ只中だったからだ。

 

 

私自身、

このタイミングじゃなくても別に良いよなぁ。

少し行くには時期を考えよう。

と、思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ!

こういう時こそ、

ミツさんに相談してみよう!聞いてみよう。

 

 

私はそう決め、

早速ミツさんに聞いてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

お久しぶりです!

お世話になっております。

 

いきなりですが、

質問があります。

 

このコロナのタイミングで、

私は東京へ行くべきですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツさんからは、こう返信が来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!

 

今回はここまで。

 

 

ミツさんからの返事は

どんな内容が来たのか??

 

 

とても大事な内容が返ってきました。

 

 

 

 

次回をお楽しみに^ ^

 

 

 

 

では、また!

 

感情コントロール。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

 

今回は、

アーサナについて

少しだけ書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

前回も伝えましたが、

アーサナとはヨガのポーズの事。

と思ってくれて良いです!

 

 

そのアーサナには

どんな効果があると思いますか?

 

 

 

いくつかお教えします。

 

・内臓器官を刺激して調子を整える

・ホルモンバランスを整える

・体内細胞を活性化させる

・関節の動きを滑らかにする

・免疫力を高める

・骨を強くする

・緊張を緩和する

・リラックスを得ることができる

 

などなど、

沢山の効果があるのです。

 

 

 

その中でも私が実践して

一番感じているのは、

免疫力の向上、緊張の緩和、

そしてリラックスです。

 

 

もともと身体的には強く

あまり病気もしない方でしたが、

ますます免疫力が上がり

ピンピン動けるようになりました。

 

まあ、痩せたのも

大きな要因だとは思いますけど。笑笑

 

 

あとは緊張の緩和、

なによりリラックスです。

 

私がヨガを始める前は

何をするにも気が短く、

なんだかイライラしていました。

 

もともとそうではなかったんです。

 

 

 

 

それは太ってるからじゃない??

 

ミツさんに言われました。

 

 

太っていると何をするにも嫌になり

なにより行動が遅くなるのです。

 

太っているから動きが鈍いとか

そういう事じゃなくて、

思考が止まりがちで遅いのです。

 

太っていると、

思考が停滞しているのです。

 

色んな感情を

溜め込んでしまうのです。

それが蓄積し悪循環になるのです。

 

そして、

感情のコントロール

上手くできなくなっていくのです。

 

 

なので何かを言われただけで

気に障りイライラしてしまったり

口調が強くなったりしてしまうのです。

 

私には、

その心当たりがありました。

 

 

 

車を運転中、

割り込みされた時も

なんだかイライラしたり、

許せなかったりしたのです。

 

だからといって

何かにあたるとか

そういう事はなかったですけど。

 

 

 

 

私がヨガを始めて

一番といっていいくらい変わったのは

そこです。

 

日々、イライラしたり

口調が強くなったりすることが

極端に減ったのです。

 

 

 

そこで私は、

ヨガで大事な事を

また一つ学んだのです。

 

 

 

 

それは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

許す心

 

 

 

です!!

 

 

 

 

 

 

誰にも過ちはあります。

誰にも間違った行動はあります。

 

そういった事を許す心を

ヨガで学びました。

 

 

その意識を自分自身の中に取り込むと

自然と相手に対して

イライラしなくなったのです。

 

 

それと同時に体重も減り始め、

自分自身が物凄く人として成長しているのを

感じるようになりました!

 

まだまだ

未熟ではあるんですけど、、、。

 

 

 

そしてなにより周りからは、

 

顔つきが変わったね。

雰囲気変わったよね。

 

など多くの人に言われます。

 

変な話、

私でもなんとなく感じます。

 

 

121kgあった時の表情と

今の表情では、

全く違うものがあります。

 

痩せたからもあるとは思いますが、

それとは違う何かが変わったのです。

 

 

それくらい、

ヨガが私に対する影響は

計り知れないものがあります。

 

 

 

それは紛れもなく、

ヨガのアーサナを日々生活に

取り入れているから!

と、私は声を大にして言いたいし伝えたい。

 

 

 

みなさん、日々、

イライラしてないですか?

ピリピリしてないですか?

リラックス得てますか?

何か悩みはありますか?

 

色々あると思いますが、

アーサナを取り入れる事で

何かが少しずつ良い方向に変わっていく。

 

 

そういう気はしませんか??

 

 

 

あなたも、私生活にアーサナ

取り入れてみませんか?^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、

今回はここまで!

 

読んでくれて、

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

では、また!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来なくても良い。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

今回は、

ヨガの教えを少しだけ書いていきます^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、121kgあった私は

ヨガを行う上で、

出来ないポーズが沢山ありました。

 

 

しかしヨガの教えからすると、

出来なくて良いのだ。

なにも恥ずかしくもないし、

悪いことではないのだ。

 

 

みなさん、

ヨガのポーズをイメージしてみて下さい。

どういうポーズをイメージされますか?

 

 

 

色々あると思います。

 

 

 

 

しかしながら、

ヨガはポーズを完成させるのが

ゴールでは無いのです。

出来なくても良いのです。

 

 

 

それはどういう事か?

 

 

 

 

 

 

今、自分自身が出来る最大限のチカラで

ポーズをする事が大事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

そのヨガの考え方というのは、

日常でも非常に重要になってきます。

 

出来ないからダメ‼︎

ではなく、

出来なくても一生懸命やる‼︎

が、良いことなのです。

 

それを重ねれば、

絶対出来るようになります。

それが出来るようになっているときには、

自分自身のスキルも考え方も行動も

沢山変わっているはずです。

それは間違いなく良い方向に^ ^

 

 

出来ない事が出来る様になるのって

楽しくないですか??

ワクワクしないですか??

 

出来る事が増えて、

テンション下がったり

元気が無くなったりする人居ますか?

 

 

私的には居ないと思いますが、

まあ、この広い世の中には

もしかしたら居るかもしれませんね。

 

 

 

少なくとも私自身は、

出来る事が増えたら楽しいです。

 

 

そこで皆さんは、

出来ないことに対してどうですか?

 

一生懸命ですか?

逃げ出していますか?

楽しく挑んでますか?

嫌々やっていますか?

 

様々あるとおもいます。

 

出来なくても良いんですよ!

まずは自分自身が出来るチカラを使って

一生懸命取り組んでみませんか?

やれるはずです!

 

自分が出来ること、こなせる事しか

目の前にはやってきません!!

 

熊を倒して‼︎と言われたのなら

あなたは熊を倒せるはずです!

 

ただ今は不可能なので、

目の前にその状況が来てないだけです。

 

 

今は出来なくても良いが、

出来るからあなたに何かしらの話や、

お願いごと、頼まれごとが

やってくるのです。

 

 

それって頼られてるんですよ?

素晴らしいことじゃないですか!

答えてあげましょうよ。

 

 

そしたら、

自分自身の人生も

絶対良くなってきます。

絶対豊かになっていきます。

 

 

ワクワクしますね^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみになんですが、

ヨガのポーズの事をアーサナと言います。

 

 

 

アーサナとは、

ヨガの座法、体位の事をいいます。

すなわちポーズの事ですね!

 

 

覚えておいてくれたら

有り難く思います^ ^

 

 

 

 

 

 

そのアーサナの効果は沢山あります!

もちろん前に話した

呼吸を連動させて行うことで、

もっともっと沢山の効果を得られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?効果を教えて欲しいって?

 

そんな簡単には、

教えれないですよ〜!笑笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、意地悪をするのは

ヨガの考えに反しますので

それを含めて次回

しっかりとお伝えしていきますね^ ^

 

 

 

いつも、読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

健康への投資。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

前回は、

光る頭蓋骨‼︎

カパラバティについて書きました。

 

みなさんどうでした?

実践してみた方、

興味持たれた方、

調べてみた方、

特に気にしない方、

色々な方が居るかもしれません。

 

 

 

そこは人それぞれかもしれませんが

カパラバティが

魔法の呼吸なのは変わらないのです。

 

 

あらゆる病気の予防になるのです!

私生活に取り入れて、

何の損もないはずですよ^ ^

 

 

 

でも良い事だと知っても、

やった方が良いんだなぁ。

なんて思っても、

人っていうのは意外とすぐやらないんです。

 

 

なのに病気になったら

すぐ病院に行くんです。

 

 

病気にならない為の

予防法があるのにやらない。

それはお金のかかる事じゃない。

 

 

少なくとも、

カパラバティをする事は

お金はかからない。

もちろんレッスンやトレーニングを

受けるのであれば料金は発生するが、

病気になって病院にお金を払うよりは

間違いなく良い使い方だろう。

 

 

 

 

私はそこを今回伝えたい。

 

 

 

 

私が受けた

333YOGAにも、

もちろん受講料はある。

 

 

しかしながら、

それは自分自身に対して

最高の投資になるはず。

 

病院に支払うお金は投資だろうか?

それは違うはずだ。

 

体調を崩したり、

病気になったり、

その原因を作ってるのは

間違いなく自分自身の私生活だろう。

 

私も333YOGAをせずに、

121kgで30歳を迎えていたら

間違いなく病院に多額のお金を

支払っていただろう。

 

 

333YOGAや加圧にお金を投資して

自分自身の身も心も綺麗に、

そして健康にする!!

その事は素晴らしい事なのだ。

 

 

それは同じお金を使うでも、

最高の自己投資であり、

メリットがある事でしかない。

 

 

何が言いたいかというと、

病気になってからお金を使うんじゃなくて

病気になる前にお金を使おう!

自分自身に投資をしよう!って事なんです。

 

その投資が、

ヨガでも加圧でも

なんだって良いんです!!

あなたが健康になるものであれば^ ^

 

 

 

 

例えば、生命保険。

 

死ぬ事を考えて、

もしくは死んだ時の事を考えて、

お金を毎月払っている。

しかし、

そのお金を健康になる為に使ったら

めちゃくちゃ良いんじゃないか?

 

死ぬことにお金を使うんじゃなくて

生きていくこと、健康に生きることに

お金を使うととても良いんじゃないか?

と、思う事がある。

 

 

保険加入の意思は人それぞれだと思うが

一理はあると思う。

 

 

生命保険に入らなければ、

常に健康を意識するだろうし、

それに向けた行動をするかもしれない。

タバコもお酒も食事も色々気をつけながら、

運動も頻繁にするかもしれない。

 

 

 

自動車保険もそうだ。

それがなければ今よりもっと

安全運転に徹するだろうし、

周りをもっとみて注意力が増し

人身事故や単独事故は減るのだろう。

 

 

私はそう思う。

 

 

 

もう一度書くが、

保険加入の意思は人それぞれ。

 

 

 

 

 

 

病院は、もちろん大事だ。

自分自身では、

どうしようもない事が起きる可能性は

誰にでもあるのだから。

 

 

だけど、

それ以外の事は自分自身で

未然に防げることもある。

 

 

体調が悪い、呼吸が浅い、

頭痛が、お腹の調子が、腰が、背中が、

膝が、肩こりが、めまいが、その他色々。

 

 

みなさん心当たりありますか?

 

 

この症状が原因で病院や

その他の医療機関に、

行ったことありますか?

その際、毎回支払いしてますよね?

 

 

勿体無いんじゃないですか?

 

 

実は、

全てヨガで良くなるんですよ?^ ^

 

嘘だと思うなら、

まずやってみたら良いです。

 

少なくとも私は、

ヨガを取り入れてから

体調崩した事はありません。

 

 

 

 

 

お金を

不健康に使うんじゃなくて、

健康に使えるようになると、

人生は相当変わるんだと思います!

 

 

 

 

 

私はその一歩目が

333YOGAだと思っています。

 

 

 

 

みなさんの一歩目は

何になるんでしょうね?

 

そう考えたら、

楽しくならないですか?^ ^

 

 

 

私と同じく333YOGAだったら

光栄に思いますし、有り難く思います。

 

 

そうじゃなくても、

その意識に素晴らしさを感じます。

 

 

 

 

みんなで健康へ意識を

ググッと上げてみませんか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、今回はここまで^ ^

 

 

 

 

また次回!

 

 

読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

光る頭蓋骨。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

 

 

 

 

前回、

333YOGAの話を進めながら、

あらゆる病気の予防になる呼吸法がある!

と、お伝えしましたね?

それを今回は伝えていけたらなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぐら座を組み、姿勢を正して、

両手を膝の上に上向きで置き、

親指と人差し指をくっつけて

OKサインのような感じをつくります。

 

何だか、よく見ますよね?

それやるだけでもヨガっぽいですよね?笑

 

そのポーズの事を、

チンムドラーと言います。

 

 

 

 

そして、腹式呼吸

 

鼻から吸ってお腹を膨らませて

鼻から吐いてお腹をへこませる。

 

これを、

頭に入れながら、

 

吐くことに意識を向けます。

鼻から力強く鼻息を鳴らすかのように

吐き切ります。

 

お腹をへこませながら鼻から吐く!

お腹をへこませながら鼻から吐く!

お腹をへこませながら鼻から吐く!

 

鼻息を鳴らすくらい、

フンッ、フンッ、フンッ

 

 

あれ?吸うタイミングは??

と、思った方居ますよね?笑笑

 

 

 

実際は、

 

お腹をへこませながら鼻から吐く!(ワン)

鼻から吸ってお腹を膨らます(ツー)

お腹をへこませながら鼻から吐く!(ワン)

鼻から吸ってお腹を膨らます(ツー)

お腹をへこませながら鼻から吐く!(ワン)

鼻から吸ってお腹を膨らます(ツー)

 

 

という風に、

ワン、ツー、ワン、ツーという

カウントを取りながら行っていきます。

その間隔は約1秒!

 

 

吐くことに意識を向けて、

吸うのは自動的に吸っていきます。

意識は吐くことだけ、

吸う工程は無意識に行います。

 

それを私は多い時で1セット180回くらい

やったりしています。それを5セット!

 

結構腹筋に効きます!!

 

 

なにより、息を強く吐く事で、

脳の換気(脳に酸素を取り込み、余分なモノを出す)をしてくれます。

なので脳が冴え、頭が冴えてきます。

 

 

そして注意点としては、

空腹時に行う事です。

そこだけは気をつけましょう!

 

 

あと、妊娠中の方、

高血圧、心臓疾患お持ちの方は

避けた方が良いです。

 

 

 

では、その魔法のような、

あらゆる病気の予防になる呼吸法!!

 

 

 

 

その名も、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カパラバティ呼吸法‼︎

 

 

です!

 

 

 

大体の方が聞いたことないでしょう。

 

でもほんとに、

凄い呼吸法なんです!!

 

この呼吸を毎日やるだけで、

さまざまな病気の予防になるのです。

 

ちなみにこのカパラバティは、

サンスクリット語から直訳すると

光る頭蓋骨という意味になります!!

 

 

 

 

私はカパラバティを取り入れてから

身体の調子を崩すどころか、

むしろ良くなっていくのを実感しています。

 

みなさんが日頃、

普通に行なっている呼吸も

意識を向けて

考えながら行う事で、

より良い効果を得られ、

なにより健康になるのです。

 

 

 

起きてても寝てても

遊んでても仕事してても

呼吸というのは常に行なっています。

 

 

その呼吸に意識を向けて

一日数分、数十分、

カパラバティを行う事で

毎日が変わってくると思います。

 

 

だって光る頭蓋骨ですよ⁈

みなさんも頭蓋骨光らせましょうよ!

 

そして未来もキラッキラに

光らせていきましょう!!

 

 

私生活にカパラバティを取り入れれば

それが可能なんです^ ^

誰でも出来るんですよ??

 

 

 

病気の予防や、

健康面に効果があるカパラバティ‼︎

そのほかにも嬉しい効果があります。

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹痩です!!!!

 

 

カパラバティを毎日行う事で

くびれもできて、

ぽっこりお腹も解消出来るんです!

 

 

 

 

そんなメリットしかない

魔法のような呼吸法

カパラバティ呼吸法!

みなさんどう思いましたか??

凄いですよね??

 

、、、。

凄いと思わなくても、

凄いと思ってくだい!!笑笑

 

ほんとにメリットだらけなんですよ^ ^

 

 

 

なので、

みなさんもカパラバティ

私生活に取り入れて

健康を手に入れ、頭蓋骨を光らせ、

キラッキラの人生にしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

では今回はここまで!

 

 

 

 

じゃ、また!

いつもありがとうございます^ ^

 

 

 

333YOGA開始。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

 

 

 

今回は、

ついに私がヨガを始めるわけなんですけども

これがまぁ太ってるがゆえに

出来ないポーズが多い多い、、、。笑

 

情けなくなるくらい

出来ない、出来ない。

 

 

 

しかしヨガには、

そんな出来ない私に対しての

沢山の素晴らしい教えが

沢山あるのです、、、。

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは、

ヨガといえば何をイメージしますか?

 

痩せる?

ダイエット?

綺麗になる?

健康になる?

内面を変える?

外見を変える?

 

 

人それぞれ、

色々イメージすると思います。

 

 

私は、

ダイエットのイメージが

強かったです。

 

 

ヨガには色々ありますよね。

 

ホットヨガ

サップヨガ

健康ヨガ

マタニティヨガ

キッズヨガ

 

 

最近は色々あり過ぎて

多分もっと色々なヨガがあると思います。

 

 

 

 

私が、

今回行った333YOGAでは、

呼吸瞑想

そしてヨガの思想を学んでいきます。

 

 

もちろん入り口は、

健康やダイエット目的でも

構わないと思います。

 

 

私も最初はヨガはダイエット目的‼︎

だと思っていましたから。

 

 

 

でも実際始めて見ると、

深い深いヨガの世界がありました。

 

333YOGAは、

ダイエットや美容より

もっともっと素晴らしい事を

私に授けてくれました、、、。

それはまた後にお話しいたしますね。

 

 

 

 

ヨガといえば、

さまざまなポーズがあります。

多分みなさんも、

そのイメージはあるんじゃないでしょうか?

そのポーズ1つ1つに意味があり、

名前があります。

もちろん沢山の効果があります。

 

 

333YOGAでは

そのポーズ1つ1つを行う際に、

しっかりと呼吸を行い、

ポーズと呼吸を連動させていきます。

 

それを行う事で、

ポーズの効果を最大限に引き出し

なにより身体にリラックスを与えます。

 

その呼吸というのが、

主に腹式呼吸になります。

 

その腹式呼吸を使って、

ヨガを行なっていくのです。

最初慣れないうちは、

腹式呼吸をするだけでも結構大変。

 

簡単なように見えて

やってみると意外と出来ない。

 

吸ってお腹をふくらませ

吐いてお腹をへこませる。

 

文字で見たら簡単そうですよね?

やってみてください!

意外と難しくて、結構お腹にきますよ^ ^

やるだけで身体がじんわり温まり、

ジワっと汗をかいたりします。

 

 

だけどこの呼吸が慣れてくると、

深く深くなり

物凄いリラックス効果を与えるのです。

 

しかも、

この腹式呼吸を使ったある呼吸法が

あらゆる病気の予防になるんですよ!

 

 

 

 

みなさん、

その呼吸法知ってますか??

 

気になりますか?

 

気になりますよね?

 

むしろ気になってください!笑笑

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も、、、、!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、今回はここまで^ ^

 

あらゆる病気の予防になる

魔法のような呼吸法

みなさんどうですか?

気になりますか?

 

 

気になる方も

そうじゃない方も

 

 

次回、

その呼吸法を紹介しますので

お楽しみに!!

 

 

では、また!

いつも、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決断。

どーも!ジョージ2世です!

 

今回もよろしくお願いいたします^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を辞め、

改めてミツさんに連絡をした。

 

「お久しぶりです。お世話になっています。私事なんですが、船舶エンジニア辞めました。それにあたり、333 yogaをさせていただく決断をいたしました。ミツさんに渡してもらったお金を今回、使わせていただきます。よろしいでしょうか??」

 

ミツさんからは、

「お久しぶりです。おめでとうございます!素晴らしい決断ですね。本当に嬉しいです。分かりました!遠慮せず、使ってください。ご連絡ありがとうございます。ヨガ、しっかり頑張って、健康を手に入れてください。何かあれば、またすぐ連絡してくださいね^ ^」

と、いう返事が来た。

 

 

相変わらず丁寧で優しくて、

パワーを貰えて、やる気の出る内容で

久々にミツさんを感じることができた。

それだけで嬉しくなった。

 

 

 

しかし、

 

 

、、、、おめでとうございます⁈笑

 

 

 

なんだか笑えた。

 

まさか仕事辞めて、

おめでとうございます!

なんて言われるとは思わなかった。

 

 

 

でも、それは本当に

おめでとうございます!と、

言われる事だったんだと

後々、思うことになる。

 

 

 

私は、

「はい、ありがとうございます。では、使わせて頂きます。これからも、まだまだな自分をよろしくお願いいたします‼︎そして、感謝いたします。改めて、ありがとうございます。」

と、ミツさんに返答した。

 

 

 

 

 

 

、、、、

、、、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

体重121.4kgの私が、

ヨガを始めることになる。

 

 

 

想像出来ますか?笑

121kgですよ⁈

2ℓのペットボトル約60本分です。

持ちきれないですよね?笑

 

 

自慢ではないですが、

わりかし身体は身軽で

動けるデブとはよく言われたもんです。

嬉しくないですけどね。笑

 

121kgを毎日感じながら生活すると

そりゃ色々苦しいですよ。

経験ある方少ないとは思いますけど、

今となっては良い事は何一つ無い気がします。

 

 

 

太ってると、

やりたい事ができなくなります。

太ってると、

着たい服も着れなくなります。

太ってると、

スピード感が無くなり動きが遅くなります。

太ってると、

やる気が上がらずイライラします。

太ってると、

不健康になります。

 

太っていると、、、、、

やはり良い事は無いようです。

 

 

 

 

過去は変えられないんです。

なってしまったものは仕方ないんです‼︎

だけど先を変えること、

これからの人生を変えることは出来るんです。

 

 

 

 

 

 

まずは、

健康を手に入れてからそれから!なのです。

 

 

 

 

本当に、、、。

 

 

 

 

 

 

 

私の場合、

そのスタートがヨガなのです。

キッカケがヨガ

なによりミツさんなのです‼︎

 

 

 

 

だからこそミツさんは、

私が仕事を辞めたことに対して

おめでとうございます!

と、言ったのだろう。

私はそう思っている。

 

 

だから

私が仕事を辞め、ヨガを始めるのは

おめでたい事なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

私のヨガライフが始まった。

 

 

 

ミツさん、

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、

今回はここまで^ ^

 

いかがでしたでしょうか?

121kgあった私がヨガを始めます。

そこでの気づきが、

また色々沢山出てきます。

 

それを伝えていけたらなと

そう感じます。

 

 

 

 

ではまた次回!

よろしくお願いします。

いつも、

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船乗り引退。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

さて前回は、

社長にも辞める意を伝え

いよいよ最後の乗船日。

 

いつもと変わらず乗船し

船内へと入った私。

 

 

、、、、、⁈

 

 

 

 

 

 

そこから今回は話を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、、、⁈

船内に入ると男性社会の船舶には似合わない

綺麗な花束があった。

 

そして大量のお酒と、

沢山のスナック菓子、おつまみがあった。

そこは何とも船乗りらしいモノだった。

 

機関長が私を見るなり、

「お前、仕事辞めて収入なくなるだろ?飯も食えないだろ?だから大量に買っておいた。日持ちもするし、大体お前が大好きなやつばっかり集めたつもりだ!全部持ってけや。」

と、笑いながら言った。

 

私は、

「これから痩せようと思ってますので、全部は持っていかないですけど、仕事終わりにみんなで食べましょう!飲みましょう!」

と、言った。

 

 

するといきなり後輩の一人が、

「今まで沢山の教えや、笑いを下さり、ありがとうございました‼︎」

と、満面の笑みで言ってきたので

 

「お前、俺が居なくなるから嬉しいんだろ?めちゃくちゃ笑顔だな。」

と、私は冗談まじりで言った後に、

ありがとう。と言い頭を下げた。

 

改めて船長、機関長、

その他乗組員からも労いの言葉を貰い、

最後の仕事に励んだ。

 

 

 

 

 

 

最後になるかもしれない船舶作業。

最後になるかもしれないエンジン整備。

最後になるかもしれない出入港作業。

最後になるかもしれない船内清掃。

、、、、。

 

 

 

沢山の、

最後になるかもしれない○○を

しっかり噛みしめながら仕事を終えた。

 

エンジンを止め、

広いエンジン場を徘徊。

止めたばかりとは言えど、

エンジンルームは50度近くある。

 

そんな中で、半日も作業したり、

長い時では故障が直るまで作業したりもした。

 

色々な思い出があるエンジンルーム。

 

清酒を撒きながら、

これからの安全航海を祈願した。

 

 

 

そこへ、

直属の上司である機関長が

エンジンルームへと入ってきた。

 

 

「相変わらず暑い場所だよな」

機関長は、いきなり言った。

 

「ほんとそうですね。でも、エンジニアってカッコいいですよね。ザ・男‼︎みたいな感じで。」

私は、そう言った。

 

機関長は、

「そうか?暑苦しいだろぉ。俺、嫌だもんなぁ。家族があるから頑張れてるようなもんだよ。独身だったらさっさと辞めて、お前みたいに好きな事に挑戦してみたかったな。チャンスはあったはずなんだ。だけど行動しきれなかった。だからこそ何だかんだ辞めて、アテもないのに東京に行くお前がなんだか凄い奴に思えるんだよ。頑張れよな。俺も、頑張るから。」

と、私に話をしてきた。

 

 

、、、なんだか照れ臭そうだった。

 

私は一言、

「はい、頑張ります‼︎」

 

 

 

50度近いエンジンルーム、

二人で数分話をした。

 

普段はエンジンの騒音で、

話をしても聞こえない場所。

やり取りは常にジェスチャー

機関長が何を欲してるのか、

何を探しているのかを気にしながら

作業を進めていく。

そのジェスチャーが通じなかった

新人の頃は、

よくスパナを投げられたものだ。

 

 

 

 

その場所も、

エンジンが止まれば

静寂と化す。

 

油の臭いが漂うその暑苦しい場所が

私のオフィスだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのオフィスで、

機関長と握手をし、

肩をポンポンと叩かれながら

みんなが待つ所へと向かった。

 

 

船舶の甲板や、

その他の機器にも清酒を撒き、

世話になった船舶に一礼した。

 

何か大きな区切りをつけた。

そんな気持ちだった。

 

 

船舶職、船乗りという仕事、

エンジニアという仕事に

改めて感謝しようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「皆さん、今までありがとうございました‼︎」

という私の一言で、

お疲れさん会という名の飲み会が始まり

その夜は、楽しい時間を過ごした、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、

今回はここまで^ ^

 

ついに私は

7年間やってきた船乗りを辞めました。

 

そして遂に始まります!

何が、、、?

 

 

 

それは次回お楽しみです。笑笑

 

 

いつも読んでくれてありがとうございます。

じゃ、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたい事を全力で。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

 

前回、

思わぬ形で恩師との再会をし、

教員にならないか?という誘いを受け

また悩む私ではあったんですけど

まずは健康を手に入れてからそれから!

 

というミツさんの言葉を思い浮かべて、

恩師に断りを入れながら、

社長と話をし始める、、、。

という所まで進めました。

 

今回は、

社長さんとの話を進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「また思い切ったねー。何でまた急にこのタイミングで東京に行くの?!」

と、社長が言った。

 

 

このタイミング。というのも、

コロナウィルスが東京都内を中心に

増加しているというニュースが

毎日、飛び交う時期だった。

 

私は、

「辞めてすぐに行く!って訳ではないんです。それこそタイミングを見ながら行きます。」

と、伝えた。

 

 

社長は、

「そうか。正直辞めて欲しくないというのが本音です。資格を持ってるからという理由は、もちろんあるけれど、若くして、機関長職を任せれる可能性がある人材は他には居ないからね。しかし、何かやりたくて、他の何かを求めて会社を辞めるのならば、止めるわけにはいかない。若い人には可能性が沢山あるからね。だから、やりたい事を全力でやって欲しい。例え、会社を辞めたからといって繋がりを切る訳でもない。形は違っても、あなたとは繋がっていきたい。それでも良いのであれば、あなたの意見、考えを尊重しますよ!どうかな?」

 

私は答えた、

「会社を離れても繋がっていたいですし、何かしらの形で会社に貢献したり、恩返し出来たら私としても嬉しく思います。むしろ先に、私の方から繋がっていたいとう気持ちを伝えたかったくらいです。会社を辞めても、今後ともよろしくお願いいたします。」

 

社長は、

「そうですか。分かりました。では退職するという方向で進めていきます。残念だけど、仕方ないですね。応援してますよ!!」

 

私は、

「勝手な都合で、申し訳ありません。ありがとうございました。」

と、私は伝えた。

 

社長は、

「しかし、東京で何するか決まってないんでしょ?大丈夫なの??そこが心配だ。」

 

私は、

「はい、まずは心配してくださり、ありがとうございます。現状、全く決まってません。でも、何かあるような気がして!もちろんそれなりに不安はあります。しかし、ワクワクする気持ちの方が大っきいんですよ!多分、船舶には乗らずに陸で働くと思います。全く違う事をしてみようと思います。船舶エンジニアも素晴らしい仕事なんですけどね。」

 

 

 

「あなたらしいな笑笑。その元気さと明るさがあれば、どこへ行ってもやれそうな気がするよ。もし何かしらで有名人になったらサインの1つでもしてくれよな!そしてもし、行き詰まって途方に暮れたら、戻っておいで。遠慮は要らないよ。その時はまた、一緒に仕事をしよう!お互い頑張りましょうね。」

 

力強くも微笑みながら、

社長は私に対してにそう伝えた。

 

 

隣にいた船長が、

「急だと寂しいから、あと1ヶ月は居てくれよー!あと1ヶ月だけ。笑笑」

 

社長も同じように、

「そうだね。急だと体制も配船も手続きも色々あるから、あと1ヶ月は頑張ってほしい。それに関しては大丈夫かな?」

 

 

私は、

「はい、承知いたしました。あと1ヶ月しっかり仕事させて頂きます。ありがとうございます‼︎頑張ります!」

と、伝えた。

 

 

社長は頷いた。

 

そこで社長と握手をし、退室した。

 

 

 

 

 

社長は50代半ばで、

物凄くアグレッシブで若々しい!

趣味はサーフィンや釣り

それに伴って肌の色は黒め。

常に笑顔で、笑い声が素敵で

親身に船員の意見や考えに答えてくれる。

なんかあったらすぐ言ってよ?

と言うのが口癖だ。笑笑

それくらい社員を大事にしている。

その人間味溢れる社長が、私は好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから1ヶ月後、、、

ついに退職の日が来た。

 

 

 

 

 

「おはようございます!!」

そう言って船に乗船し、

いつもの様に船内へと入った。

 

 

 

 

すると、

 

 

 

、、、、、⁈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、今回はここまで!

ついに来た退職の日。

 

船内に入った瞬間、

、、、、⁈になってしまった私。

 

 

それは次回、

お話、進めさせていただきますね^ ^

 

 

いつも見て、読んでくれて、

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

では、また次回!

 

まさかの人物。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

 

 

 

前回、

船長に会社を辞めたい。という事を伝えた私。

船長は応援したいと言っていたが

果たして社長はどうなんだろうか、、、。

今回はそこから話を進めていきます!

 

 

 

 

 

 

 

「社長から連絡来たから事務所行くぞー!」

船長が私にそう言った。

 

 

車に乗り込み、

船長と二人で事務所へ向かった。

 

 

「失礼します!」

私はいつも通り元気よく、

社長室のドアをノックし入室した。

 

「顔見るの久々だなー!元気か??」

社長は笑顔で私の肩を叩き、

椅子へ案内してくれた。

 

面接以来、久しぶりに入った社長室。

変な感じがした。

前とは違う変な感じ。

 

、、、変な感じだ。違和感だ。

 

 

社長、船長、私

その3人以外にもう一人男性が

ソファに座っていた。

 

 

その男性の姿をひと目見て誰か分かった。

その男性は、

私が高校時代に相当お世話になった

恩師だったからだ。

その名は伊舎堂先生‼︎

 

「おー!久しぶりだなー!」

伊舎堂先生は私を見てそう言った。

 

「え?先生ここで何をしてるんですか?」

私は不思議に思い聞いた。

 

「お前を引き抜きに来た!!!!!」

と、笑いながら恩師は言った。

 

そのやりとりを見て、

社長と船長は笑っている。

私は訳が分からない。

まさしく頭の中はハテナだらけ、、、。

 

 

そんな私を見ながら社長が、

「たまたま、伊舎堂先生と会う機会があって、あなたが会社を辞めるという話をしたら、引き抜いて良いですか?と言われたよ。」

と、笑いながら言った。

 

すると先生は、

「いやいや、冗談抜きで引き抜きにきたんだよ。というのも、水産高校の先生になって欲しくてさ!資格もあって、乗船履歴もしっかりあるから4月から教師としてやって欲しい。」

と、私に話をしてきた。

 

いきなり過ぎる話に私は、

「いやいやいやいや、急展開すぎて話が分からないです。すいません。」

 

先生は、

「条件満たしてる若い人材がお前しかいないんだよ。母校のためと思って、やってくれないか?急なのは分かるけど、どうか?」

と、話してきた。

 

私は、

「今は決められないですし、私は東京に行く予定です!すいません!」

と、伝えた。

 

先生は、

「何しに?」と、一言。

 

「何も決まってないけど、何かありそうなので、とりあえず行ってみたいです!!」

と、私は言った。

 

先生は、

「ハッハッハ!お前らしいな!何もないで行く奴が今時いるか?それもいいけど、教師の件も少しだけ真剣に考えてくれないか?」

と、話てきました。

 

 

私は、

「良い返事はできないと思いますが、ちゃんと考えてはみます。ありがとうございます。」

とだけ伝えた。

 

 

先生は、

「わかった!ありがとう。では、社長さん、船長さん、今後ともよろしくお願いします。失礼いたしました。」

と、言って笑顔で退室して行った。

 

 

相変わらずパワーのある人だった。

 

 

伊舎堂先生は、

私が高校3年間

ほんとにお世話になった恩師なのです。

 

今の時代では珍しいタイプの先生で

安全靴で頭を殴ったり、

工具で叩いたり、

角材を膝まづきしてる足に入れたり、

拳骨、張り手などなど

あらゆる体罰は当たり前。

そんな迫力のある大先生でした。笑笑

 

人から見れば暴力教師ですけど、

今も昔も大好きな人の一人です!

今でも感謝を忘れていません。

 

 

私は高校3年の時に就職活動をしていました。

料理の世界で働きたくて、

大阪や名古屋などの老舗料亭などに

面接を受けに行ったりしていました。

しかし水産系の高校からの採用は難しいらしく

不採用の連続でした。

 

そんな中、伊舎堂先生が

専攻科に行ったら良い!と言ってくれました。

その一言が船乗りになるキッカケでした。

 

しかしその時すでに、

試験まで一週間しかなかったのです。

すぐ申し込みをして

すぐ勉強を始めました。

 

朝から晩まで伊舎堂先生と二人で

試験に向けて勉強をしました。

 

一週間丸々付き合ってくれました。

感謝してもしきれない存在です。

 

そんなこんなで

無事、定員12名の中に入り

合格する事が出来ました。

 

そういう恩師に言われた

教師にならないか?という話。

正直迷いました。

 

また迷ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガで健康を手に入れてからそれから!

 

 

ミツさんの言葉が

ふと蘇ってきた。

 

そうだ、

まずは健康だ!!

まずはヨガだ!!

 

 

 

 

社長室で迷いながらも

そこに意識を持っていき、

社長と退職について話を進める事にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!今回はここまで!

恩師 伊舎堂先生との急な対面。

そして急な教師にならないかという誘い。

社長と話をしに来たのだが

思わぬ展開になりました。笑笑

 

 

次回はしっかりと、

社長と話を進めていきます。

 

読んでくれてありがとうございます!

また、よろしくお願いいたします。

 

じゃ、また!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辞める勇気。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

前回は、

色々沢山考えていた私が

ついに行動に出ました!!!

今回は、

その続きを進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「船長!私、船を降りたいと思います。」

 

考えが固まった次の日の昼間に

船長に伝えた。

 

「降りる?事務職したいのか?なんで急に?」

船長はキョトンとした顔をしていた。

 

私はすかさず、

「違います。会社を辞めようと思います。」

 

「え⁈なんでこんな急に??なんかあった?」

船長は焦った感じで私に質問してきた。

 

「色々自分なりに考えて、辞めると決めました。勝手で申し訳ありません。船が嫌いだとか人が嫌いだとか、そういう事は一切ありません。会社が原因ではありません。」

私はそう答えた。

 

すると船長は、

「じゃあ給料面か?役職もあるしな。何かあるなら話は聞くよ?」

と、言ってくれました。

 

「そういう事でもないんです。」

と、私は一言。

 

「じゃあ何で?今、船員も足りないし、機関長職出来る人も居ない状況なの分かってるでしょ??必要な人材だからちゃんと聞いてるんだよ?何かあるならハッキリ言ってごらん。他の船会社が良いとかあるのか??」

船長は優しい顔で聞いてきた。

その顔を見たら辞めるのが辛くなった。

かなり世話になったし、

面倒も相当見てくれた人だったから。

 

 

その時、

なんだかんだ不満はあったが

船乗りは好きで、

会社も嫌いじゃなかったんだなと

その時、気づいた。

 

 

私は、

「強いて言うなら、自分の為に辞めます!自分の健康の為、可能性の為に、一旦船乗りを辞めます!辞めて東京に行きます!」

と答えた。

 

 

、、、、ハッとした。

その時はまだ、

東京に行くとは決めてなかったが

辞めて東京に行きます!と、

そう言ってしまった。

 

 

船長は、

「東京⁈船でも行けるじゃないか!」

と笑いながら冗談交じりで答えてくれました。

 

続けて、

「そうか。正直やっぱり辞めて欲しくは無いけど、やりたい事があるなら止めきれないし、まだ若いからな!20代だもんな!そう言う気持ちもあるよな。それは応援したい。ただ明日からとかはやめてくれよ?せめて1ヶ月は残ってくれないか?」

 

船乗りだけあって、海のように広くて深い心で

私にそう伝えてくれた。

 

 

「分かりました。では今日から1ヶ月で会社を勝手ながら退職させていただきます。それまでは役職しっかり努めさせていただきます。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。すいません!!」

と、私は船長に言いました。

 

「ありがとうも、すいませんもあって色々ややこしいけど、後で社長に話しておくから、連絡来たら一緒に事務所に行ってまた話をしよう。まあ、止められるとは思うけど、ちゃんと話してみたら良い。分からず屋の社長じゃないのは分かるだろ??」

と、船長はニコニコしながら

私にそう話してきてくれた。

 

 

 

私は、

「はい、分かっています。よろしくお願いいたします。きちんと話します。失礼しました!」

と、答えて

私はエンジンルームへ戻った。

 

 

 

 

f:id:george_2:20201122084828j:plain

これはエンジンルームの一部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!

今回はここで終了^ ^

 

読んで頂きありがとうございます‼︎

ついに辞める事を船長に伝えた私。

 

 

そして次回は、

事務所に居る、社長に話をしにいきます。

 

それを楽しみにしていただけると

ありがたいです。

 

 

 

では、また!

よろしくお願いいたします。

いつも、ありがとうございます。

悩む20代。

どーも!ジョージ2世です!

 

 

 

前回、ミツさんと別れた後、

沖縄へ帰ろうと空港へ向かったところまで

話を進めました。

今回はその続きから進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港に着き、

那覇へ向かうため飛行機に乗り込む。

頭の中はこれから先の事でいっぱいになった。

 

これからどうするべきか?

船乗りを辞めて東京に行くべきか?

まず辞めてヨガを始めるべきか?

色々な考えが出てき始める。

 

なにが正解で、

なにが不正解か。

そんな事まったく分からなかった。

那覇に着くまでの約2時間半の間で

決める事は何一つ出来なかった。

 

那覇に着き、

普通に家に帰るのだが

他の事が手につかない。

そうこうしている間に会社から連絡があった。

 

明日から、

機関長代行としてよろしくね‼︎

 

 

、、、⁈

このタイミングでかぁ。

そう思った。

 

嬉しい事のはずだが、

その感情はあまり無かった。

もともと私は一等機関士として役職を貰い、

運航や整備に力を入れていた。

 

機関長代行とは

機関長が休暇等で乗船していない場合、

文字通り代行を行う役職なのです。

 

その連絡が来たタイミングで、

仕事辞めようと思っています。とは、

私は言い切れませんでした。

 

と言うよりも

まだ何も決め切れてなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから数日間、

変わらない日々が続きました。

変わったといえば考える内容。

 

船舶エンジニアとして仕事をし、

毎日どうしようか考え、

毎日会社の様子を伺い、

毎日社員の表情や雰囲気を見ながら

色々な事を沢山考えました。

 

ずっと続けるつもりはなかった仕事。

だけど、こんなにも早く

船乗りを辞めるとも思ってなかった。

物凄く先は不安で仕方なかった。

なぜなら、

仕事という仕事は、

船舶エンジニアしかしてこなかったからだ。

 

辞めるのは良いとして、

その後は?どうする?

毎日毎日この事を考えた。

 

辞めて東京行くのも良い。

辞めて人生変えるのも良い。

辞めてヨガを始めるのも良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガで健康を手に入れてからそれから!

 

 

 

 

 

 

 

 

そのミツさんの言葉が、

日に日に頭の中を埋め尽くしていった。

 

 

 

そうだ!

まずは健康だ。

その為には今の会社を辞めてヨガを始め、

まずは健康、健康を手に入れるんだ!

 

 

 

 

そう思った私は、

行動を開始した、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで!

読んで、見てくれて

ありがとうございます。

 

 

 

次回、

私が行動に出ます。

それを楽しみにしていただけると、

ありがたいです^ ^

 

 

 

 

 

 

健康の大事さ。

どーも!ジョージ2世です!

相変わらず私は元気に毎日過ごしてます。

皆さんはいかがですか??

 

 

 

 

前回は、

とても大きなモノについて

伝えていきましたね?

読んでみていかがでしたか?

作り話みたいですよね?

なんか熱血ドラマというか漫画というか

そういう世界の話みたいですよね?

でも今までしている話は全て実話なんです。

あり得ないですよね?

でも、あり得てるんです。

それを踏まえ今回の話を進めていきます。

 

 

 

 

 

 

「早く鞄にしまってしまって!笑笑

人に取られちゃうよ〜!笑笑」

と、笑いながらミツさんが言った。

 

私は、

「はい、ありがとうございます!

考えさせていただきます。」

と、答えた。

 

とっさに触ったその大きなモノは、

とても重く感じた。

重量とかそういう事じゃなく

気持ちの重み、

ミツさんの思いや気持ちの重み、

それをあの時感じた。

あのカフェでのシーンを今でも

鮮明に覚えている。

 

 

私が鞄にしまい、帰り際、

ミツさんがこう言った。

「健康はとても大事なんですよ!

私も昔、かなり太っていたんです。

どうしても痩せられなくてね、、、。

祝い事で親戚の前に行くと、

沢山食べなさい!沢山食べなさい!

と言われるんですよね、

だけど正月とか盆に帰ると、

あんた太り過ぎじゃない?大丈夫か?

とか言われたりしたもんです。

それで親戚に会うのも嫌になってきて

距離を置いてた時期もあったくらい。」

と、話してくれました。

 

私も何となくだが

その気持ちは分かる。

何となくどころか分かるのです。

 

続けてミツさんが、

「だからあなたの気持ちは

かなり分かるつもりで、

理解しているつもりでいます!!

だから救いたいと思ったし、

協力もしたいと思っているんです。

ただ同じ宮古島育ちだからって、

誰にでもやるわけが無いんですよ!

そこは知っといて欲しい。」

そう話してくれました。

 

私は、

「ありがとうございます。感謝いたします。」

と、伝えました。

 

 

続けてミツさんが、

「ヨガで健康を手に入れて、

それからバリバリやっていきましょう!!

ヨガは良いんですよ。

ヨガって健康とかダイエットって

イメージ強いと思うんですけど、実は違うんです。考え方や感覚とかを開花させる力もあるんですよ!

もちろん、痩せるのもありますけどね。」

と、話してくれた。

 

 

正直なところ、

私がヨガ?

そもそも男がヨガ?的な思いがありました。

そう思ってる方は少なくは無いと思います。

その点については、

また別でお伝えしていきますね!

 

 

「本当のヨガというものは深い深いものなんです。それこそ人生を変え、豊かにするもの。

だから私の会社ではヨガを扱ってるんです。

ヨガをする事で考えや生き方が変わり、

それが変わるから私生活が変わって、

私生活が変わるから食生活も変わり、

それが体型や雰囲気を変えていく。

そういう流れみたいなところもあるんです。」

と、簡単に教えてくれました。

 

 

その時私は、

なるほど!だからこんなにヨガを勧めてくるんだな。と感じました。

考え方を変え、体型も変える!

なにより人生そのものを変える。

不健康から健康へ。

 

身体の健康だけじゃなく、

心も健康にしてくれるのがヨガ。

 

その時そう感じました。

それと同時に、

そのヨガをするチャンスを与えてくれてる

ミツさんに対して、

とても有難い、

感謝の気持ちが溢れてきました。

 

 

 

この場でもう一度お礼をしたいと思います。

ありがとうミツさん‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

「しっかり帰って、

考えさせていただきます。

ありがとうございました‼︎」

そう言って席を立ちました。

 

「では、またお会いしましょう!

連絡いつでも待ってます。」

と、ミツさんは私をみながら笑顔で言い、

握手を求めてきてくれた。

 

 

 

私は、その見えない何か

大きな力があるであろうミツさんの手を

両手でギュッと握り握手を交わした、、、。

 

 

 

 

 

「じゃ〜ね〜笑」

と、満面の笑みで見送ってもらった。

私を緊張させないためか、

最後の最後まで配慮があり過ぎる行動

そして仕草、表情。

 

 

 

私は、この人みたいに、

ミツさんみたいになりたい!!

と、強く思った。

 

 

人生でそんな人に出会えるだけで

私は幸せ者だ。

そう感じながら

羽田空港へ向かった、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで!

 

 

またまた次回をお楽しみに^ ^

 

いつも読んで、見ていただき

ありがとうございます。

 

お節介なおじさん。

どーも!

ジョージ2世です!

今回もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

前回、

テーブルの上に何かが置かれ

その何かが、とても大きいモノ。

だったという事をお伝えしましたね??

そこからお話し進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よかったらこれ使って下さい!」

と、ミツさんが私に言ってきた。

 

その使って下さいと言ってくれた

とても大きいモノというのが、、、

 

 

なんと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現金200万円でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「⁈」

いきなりの事で私は驚いた。

 

 

そんな私を見ていたミツさんが、

「もしよろしければ使って下さい。」

と、一言、、、。

 

 

 

私は、

「いや、いやいやいや。

これは受け取れないですし、使うわけにはいかないです。なにより受け取れないです。

というより何のお金ですか??」

私がそう答えると

 

ミツさんは、

「これでヨガを始めて、仕事を辞めていくらか生活費とかそういうのにあててください。

返すのはいつだっていいんです。

まず健康を手に入れてそれからです!!

これは投資です!あなたに対する投資。」

 

そう言ってきました。

そこで私は、

ん?投資?私に?そんな価値あるの?

それよりなにより受け取れない。

という気持ちが本音でした。

 

 

そう思ってるせいか

私は言葉が出てこなかったんです。

 

 

そんな私の様子を見ていたミツさんが

「こんな、お節介なおじさん

たまには居ても良いんじゃない?」

と、ニッコリした表情で

私に問いかけてきました。

 

「いやいや、でも、、、。」

私は嫌とかそういう事じゃなく、

申し訳ない!という気持ちしかなかった。

からしても、赤の他人から

200万円を使って下さい。と言われ、

使うわけにはいかないと思っていた。

 

 

 

ミツさんが

さらにこう言ってきた。

「このお金で、あなたと繋がりが持てて

ずっと付き合っていけるなら

それだけで有り難いんです‼︎

可能性が無い人に投資はしません。

私の思い伝わりますか??

なによりまずは健康を手に入れましょう‼︎

それからなんですよ。

今の職場が悪いとは言いません。

ただそこに居ては健康にはなれません。

自分を変えないといけないんですよ!

もちろん自分で!」

と、笑顔で私に問いかけてきました。

 

まず有難いのはミツさんじゃなく

私の方ですよ‼︎

有り難すぎますし、

申し訳なさすぎますよ‼︎と心の中で思った。

 

 

私は、

「伝わります。

気持ちも有り難すぎるくらい有難いです。

しかし使う事は出来ません。

健康が大事なのも分かります。でも、、、。」

 

正直、その時私は冷静な判断を

する事が出来てなかったんでしょう。

考えもまとまらず、

話もまとまらなかった。

 

 

それを察したのか、

ミツさんが

「なるほど、分かりました!

では今日帰るのであれば一旦持って帰ってもらって、使うか使わないか、仕事辞めるか辞めないか、辞めて使うか使わないかの判断はお任せします!

もし使うのであれば使って下さい。

もし使わないのであれば返して下さい。

どっちにしても私は、繋がっていきたいと思っていますし、何かあればすぐ連絡下さい。

必ず力になりますので!

使う使わないはあなたの自由です。」

と、力強い目力で私に伝えてきた。

その力強い目力でありながら笑った様な表情を

今でも忘れられません。

 

 

 

私は、

「分かりました。

この場で返事出来ず申し訳ございません。

持ち帰り考えさせていただきます。

ありがとうございます‼︎」

 

と、ミツさんに答えました。

 

ミツさんは、

「良かったです。色々考えはあるでしょう。

もし何か考えに詰まったら連絡下さい!

相談にも乗りますから!」

と、言ってくれた。

 

 

 

 

 

何回も言うが、

ミツさんは会社の社長さん。

しかも9つの会社を持つ、

バリバリのビジネスマン‼︎

それに対し、

私はただのそこら辺にいるような20代の男。

 

その時も、

なぜ私にそこまで⁈なぜ??

その気持ちはあった。あったのだが、

繋がっていたい。と、そう言われた時

私もそうでありたいと思っていた、、、。

ミツさんと、

何かしら繋がっていたいと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで!

 

いつも読んでいただき、

ありがとうございます。

 

次回はミツさんと暫しの別れ。

その帰り際に大切な話をしてくれました。

 

そこをお伝え出来ればと

思っています。

 

 

 

では、

またよろしくお願いします!

 

 

 

思いもよらぬ出来事。

どーも!ジョージ2世です!

そろそろジョージ2世という名前が

定着してきた感が何となくありますが

どうでしょうか??笑笑

 

 

 

さあ!前回は、

前里光秀さん通称ミツさんの紹介を

少しだけしました。

いかがでした??

9つもの会社を持つ社長さんて、

周りにいますか??

私は少なくともいません。

完全に初めましてなのです。

 

そんなミツさんと私の話を、

思いもよらぬ出来事の話を!

進めていきたいと思います、、、。

 

 

 

 

 

 

一緒に食事をさせて頂いた次の日、

いつもと違う心地よさで起床しました。

その日の夕方、

沖縄へ帰るため空港へ向かう予定でした。

それまで時間があるので、

東京を少し散策しようかな。なんて思いながら

ゆっくり朝を過ごしていました。

 

 

その時でした!ミツさんから、

「少しだけお話ししませんか?」という

なんとも有り難い連絡を頂きました。

私はもちろん、「すぐ行きます‼︎」と伝え

とあるカフェへ向かいました。

 

店内にミツさんの姿は無く、

店の前で待つ事にしました。

 

 

「やっほー!!」と、

ややトーンは低いながらも

落ち着きのある優しい声で

ニッコリとした表情で、ミツさんは

私に声を掛けてくれました。

続けて、

「待たせて、すみませんね。」

こちらからしたら、

誘って頂いただけで有り難いので

私はとっさに、

「いえいえ!とんでもないです!」

と答えました。

 

 

 

 

入店

 

 

 

席に着き、

ミツさんがアールグレイを注文してくれた。

正直恥ずかしながら、

アールグレイを知らなかった私、、、。笑

出てくるまでどういう飲み物か知らなかった。

 

 

 

「お待たせしました〜」

女性店員さんの高い声。

変に緊張感が増してきた私。

 

出てきたのは洒落たティーカップ

何やらカップの耳の方にクルクルと

紐が巻かれている、、、。ん⁈笑笑

なんだこれは、、、⁈笑笑

 

さすが東京!!と思いながらも

ミツさんの行動を見ながら、

なんとな〜く飲んだアールグレイ

その時の味、全く覚えてないです。笑笑

 

しかも大体クルクルと巻かれていると

後から知る事になりました笑

 

 

 

 

 

アールグレイを飲みながら

ミツさんが、

「仕事楽しくないなら辞めたら?辞めて東京に来たら良い!若いうちに。

まあ、若いうちというよりは感性が豊かなうちにかな。」

と言ってきました。

そこで私は答えました、

「今ここでは決めきれないです。会社も自分が居ないと船員足りないですし、何より生活もありますし、色々と今すぐに!とは難しいです。沖縄に帰ってから決めたいです。」

 

 

そこでミツさんが、

「そっか!分かった!色々考えもあると思うから、それは尊重したい。だけど、嫌々仕事しててもプラスにはならないよ?まずは仕事辞めてからヨガをやったら良い!仕事辞めて、1ヶ月2ヶ月ヨガに集中してみたら?」

と問いかけてくれた。

 

 

「、、、、。」

私は考えすぎて答えが出せない。

というよりは不安でしかなかった。

仕事辞めるのは良いけど生活は?

まずヨガの資金は?

東京行ってなにしよ?

何も決まってないのに行くのは、、、。

諸々考えた。

考えれば考えるほど、

言葉が出なくなっていくのが分かった。

 

 

 

 

その姿を見ていたミツさんが

なにやら自分の鞄の中を探り始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

トンっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

何かがテーブルの上に置かれた。

その何かはひと目見てわかった。

だけど理解は出来なかった。

その何かは私が目にした事ないような

とてもとても大きなモノだった。

 

 

 

 

 

 

 

それが、

思いもよらぬ出来事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その大きなモノ。

について次回進めていきます‼︎

 

 

お楽しみに‼︎

 

 

いつも読んでくれて見てくれて、

ありがとうございます。